INTERVIEW

ブランドの魅力を
最大限に引き出せる
PRのスペシャリストを
目指して

デジタル

2021年度入社

入社を決めた理由

一般採用でなく障がい者採用を選択

志望したきっかけは、主治医の勧めでした。私は心臓の障がいがあるのですが、見た目ではわからないですし、一般採用にするか、障がい者採用を利用するか、悩んでいた時期がありました。そんなとき、資生堂と共同研究をしている私の主治医が「資生堂は、障がいへの理解もあるから受けてみたら?」と、助言をくれたのです。

人を大切にする
「PEOPLE FIRST」の理念

資生堂のインターンシップに参加してみると、聞いていた通りでした。私は仕事をする上で一番大切なのは、人間関係だと考えています。資生堂には、お客さまやお得意さまはもちろん、社員に対しても「人」が第一である、「PEOPLE FIRST」の理念があります。採用担当者や障がい者枠で採用された先輩方のお話を聞いて、その理念が根付いているなと強く感じました。採用担当者に障がいのある方がいらして、その方が私のメンターになったのですが、障がい者枠の利用から入社後の働き方、不安なことまで親身になって話を聞いてくださり、ここなら居心地よく働けるのではないかと入社を決めました。

01

入社後の仕事経験(キャリア)について

念願だった商品PRの部署に配属

入社後はありがたいことに念願だった商品PRの部署へ。1年目は、まず社会人としての基礎やPR業務全般を正しく理解するために、PRサポートの業務に就きました。具体的には商品の貸し出し、メディアの方々に送る商品の選定や配送指示、資料となる美容雑誌の整理など、PR担当のみなさんが存分に力を発揮できるようにお手伝いする仕事です。現在は担当の媒体を持ち、取材対応や原稿チェック、発表会の案内なども行い、PR業務とPRサポートの両方を担っています。PRとサポート、両軸の観点から物事を多面的に捉えることができ、やりがいを感じています。

生活者視点を強みとして持ち続けたい

同じ部署に同期がいるのですが、商品PRの部署に新人が入ってきたのは、私たちが初めて。先輩は様々な部署でキャリアを積み、会社のこともメディアのことも熟知されている方々で、勉強になることばかりです。入社して間もないころ、右も左もわからず、私がPRの視点ではない的はずれな発言をしても、先輩が「生活者としての意見も貴重だね」と受け入れてくださったことが印象に残っています。PR担当としての業務を遂行する今でも、生活者視点は自分の強みとして持ち続けたいです。

02

仕事を通じて最も成長できたと思うこと

「ありがとう」の言葉が、やりがいに

PRサポート業務では、先輩方から「助かったよ」「いつもありがとう」と声を掛けていただくことが、成長を感じる瞬間であり、やりがいにもつながっています。今までは教えていただくことばかりだった私が、だんだんと教える立場になり、社内の打ち合わせで意見したり提案したりするときは、自分もグループに貢献できているのかなと感じます。

PR業務では、担当の媒体に自社の商品が掲載されると、とてもうれしいです。発表会や商品プレゼンを通じてメディアのみなさまから高い評価をいただいたとき、ベストコスメ賞を受賞したときなどは、やりがいを感じます。商品を開発する研究員から、新知見や技術などの話を聞くと勉強になりますし、「こんな素晴らしい商品や技術を早く世の中に伝えたい!」という気持ちに。たくさんの刺激を受けながら、今後も成長していきたいです。

04

環境について

自分に合ったバランスで働ける環境

商品の出荷や配送、オフィスに届く雑誌の整理などがあるので、出社することが多いですが、対面での打ち合わせがない日はリモートワークにするなど、自分に合ったバランスで仕事ができています。部署でのミーティング「グループ会」の日は、出社するのが私の中のルール。コロナ禍での入社だったので、みなさんと会える日はできるだけ顔を合わせて、コミュニケーションをとりたいと思っています。

心臓の障がいについて、上司や部署のメンバーにはお伝えしていますが、みなさん、ごく自然に接してくださいます。運動は控えているので、発表会やイベントなどでは重いものを持ったり走ったりがないように配慮していただいていますが、普段の業務で不安になることはありません。上司は入社時から親身になってフォローしてくださり、いつも冷静で物事を多面的に捉えられる、理想の上司です。先輩方も明るく気さくで、和気あいあいとした雰囲気ですが、ときには厳しいご指摘も。支えてくださる方々のおかげで、楽しく仕事ができています。

05

今後の目指すキャリアについて

目指すはPRのスペシャリスト

まずはPR業務を先輩方のもとでしっかりと学び、その後は担当ブランドや発表会の推進担当を持つなど、会社やブランドにとって最適なPR方法を提案できるようになりたいです。発表会や商品プレゼン、タイアップなど、メディアと接する仕事なので、一見華やかな世界ではありますが、社内外の調整や施策に付随する確認事項など、細かな作業もたくさんあります。先輩方からの教え、PRサポート業務で培った経験を生かしてミスなく遂行し、情報やトレンドは最速でつかみ、それらをマーケティングとは別の視点で、会社やブランドに還元する。そんなPRのスペシャリストを目指したいです。

06

1日のスケジュール
(出社の日/リモートワークの日)

出社の日
  • 9:45〜11:00

    出社 メールチェック

  • 11:00〜12:00

    撮影用見本手配

  • 12:00~13:00

    昼食休憩

  • 13:00~14:00

    媒体からの原稿確認

  • 14:00~16:00

    取材

  • 16:00~17:00

    美容誌情報のリサーチ

  • 17:00~18:30

    商品情報データ入力

  • 18:30

    退社

リモートワークの日
  • 9:00〜11:00

    業務開始 メールチェック

  • 11:00〜12:00

    撮影用見本手配

  • 12:00〜13:00

    昼食休憩

  • 13:00〜15:00

    業務改善の打ち合わせ

  • 15:00〜16:00

    媒体からの原稿確認

  • 16:00〜17:00

    進捗確認の打ち合わせ

  • 17:00〜17:45

    商品情報データ入力

  • 17:45

    業務終了

ANOTHER INTERVIEW